仮想通貨投資をする際住信SBIネット銀行をオススメする理由 利用銀行で大きく差がつく!

くりぱか

こんにちは!

今回は、SBIVCやCoincheck等に24時間リアルタイムで入金できる住信SBIネット銀行の特徴や

口座開設方法をご紹介していこうと思います!

仮想通貨投資をする際、日本円を振り込んで始める必要がありますよね!しかし、コンビニ入金等では手数料を最大1000円も取られてしまいます。

家にいながらネットで、しかも手数料無料で24時間リアルタイムで入金できたらいいですよね。

住信SBIネット銀行をオススメする理由はそこにあります!

住信SBIネット銀行をオススメする理由

住信SBIネット銀行とは、2007年に創設された銀行で、今年で十周年を迎えました。三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とする、ネット専業の銀行です。

近頃活発的にネット事業・仮想通貨事業に参入しているSBIホールディングスが親会社で、十年を超えて営業しているだけあってサービス面ではとても満足できるといえるでしょう。SBIVCとの連携でより仮想通貨取引がしやすくなります!

ネットの検索量でもSBIホールディングスのネット事業・仮想通貨事業への参入の重要度や注目度がよくわかります。

住信SBIネット銀行ならスマートフォンやPCなどから24時間365日どこにいても口座を操作することができるので、仮想通貨投資をするなら住信SBIネット銀行の口座は必須です!

現に仮想通貨投資を始めてから数ヶ月以上経っている人たちは、もう既に住信SBIネット銀行を利用し始めています。リップラー (リップルを保有する方達) が多いですね。利用銀行による差は大きいですよ!

住信SBIネット銀行に対応している国内最大級の取引所Coincheck社長も下記の通りツイートしていますが、住信SBIネット銀行の24時間リアルタイムで入金できるという点は、24時間相場が動いている仮想通貨を取引するにあたってとても便利だといえるでしょう。

対応国内取引所

SBIVC、ビットフライヤーコインチェック、Zaif、ビットバンクGMOコインビットポイントQUOINEX、Mr. Exchange等々ほぼ全ての国内取引所に対応しています。

国内取引所は住信SBIネット銀行へ対応するのが当たり前となっているので、これから登場するであろう新しい取引所においても利用できるようになると思います。

ATM

イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、ゆうちょ銀行等のATMから口座へのお振り込みが可能です。

イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATMは24時間利用できます。

どれも全国にたくさん設置場所を持つATMなので利用には困りませんね!

手数料

住信SBIネット銀行から同行口座への入金は無料です。上記の通り、国内取引所は殆どのところが住信SBIネット銀行に対応しているので、入金する際は無料です。

他の金融機関宛でも月15回までは無料なので十分に利用できますね!

SBIVCからの出金の際も51円という低コストで出金することが可能です。

セキュリティー

24時間365日口座のアカウントをモニタリングしているので、不審な動きがあったときは自動的に一時的に口座の取り扱いを停止し、メールで知らせてくれます。

また、スマートフォンを利用した取引認証アプリ「スマート認証」や、セキュリティ対策ソフトの「PhishWallプレミアム」などのセキュリティーソフトを無償で提供しています。

振込反映時間

住信SBIネット銀行は、同行へのお振込みなら24時間365日リアルタイムで反映されます。

他行への振込については、午後2時までが当日中に振り込まれるようです。午後3時以降または土日祝日は、振込先の金融機関の翌営業日中の振込みとなります。

SBIVCは、住信SBIネット銀行からのリアルタイム振込に対応しているので、住信SBIネット銀行に資金を振り込んでおけばいつでもSBIVCに送金し、仮想通貨を購入することができます。

Coincheckなどの国内取引所も上記の通り住信SBIネット銀行からの入金に対応しているので、リアルタイムで振り込むことができます。

口座開設までの流れ

では早速口座を開設していきましょう!

  1. まずは公式サイトに接続し、「口座開設の申し込み」をタップします!
  2. SBI証券口座をお持ちでない場合は、オンライン口座開設へすすむをタップし、個人情報等を入力していきます。
  3. 一通り必要事項を入力し、申し込みを完了したら、設定したメールアドレスに申し込み完了のお知らせメールが届きます。
  4. 公式サイトにログインし、パスワード等を設定します。
  5. 約1週間から10日間ほどで郵送にて入力した住所にカードが届きます。
  6. 再度公式サイトにログインし、カードの受取確認の設定を行います。この設定が終われば口座開設完了です!
  7. これでお近くのATMなどから取引所に入金し、仮想通貨を買うことができるようになりました!

まとめ

仮想通貨投資をするならなるべくたくさん仮想通貨を買いたいですよね!

住信SBIネット銀行を利用すれば、手数料が無料なのでより多くの仮想通貨を購入できますし、ほとんどの主要国内取引所に24時間リアルタイムで入金することができます。

仮想通貨の値動きはとても激しいので、どこから操作しても素早く反映される住信SBIネット銀行の口座は仮想通貨投資をするなら必須だと言えるでしょう。

通常利用においてもネット銀行は便利なので、ぜひご利用することをオススメします!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す