Ripple社がXRPを大量に保有する理由とは?Ripple社社員さんに聞いて見た! Part2

てにったーさんから寄稿させていただきました翻訳シリーズ2記事目です。

翻訳についての誤り・確認したい事項等々についてはてにったーさんの方にご連絡お願い致します。

翻訳元

(国際送金の分野でEthereumとRippleは競合するのか、という質問に対して)

JoelKatz: 国際送金には巨大な流動性のプール(巨大な市場)が必要であり、誰かがこれを生み出すだけの資金を提供しなければなりません。Ripple社は全てのXRPのうち60%もの量を保有しており、国際送金の流動性創出に充てることができます。もしEthereumで同じことをしようと思ったら、誰かが自分のお金を大量に投げ出さなければなりませんが、それは考えにくいでしょう。仮にあなたが流動性を必要としているとして、その横で誰かこれに(Ripple社が当てはまる)がすでにそれを生み出していたら、それでもあなたは流動性創出のためにお金を出すでしょうか?

仮想通貨FXができる厳選国内外取引所紹介

BTCFX・アルトコインFXができる取引所紹介です!

レバレッジの倍率・追証の有無・アプリの使いやすさなど、様々な観点からご紹介しています!

こちらから解説記事へ飛ぶことができます!

コメントを残す