Rippleの国際送金システム RippleNetの三銃士xVia・xCurrent・xRapidとは?

こんにちは!

先日のミートアップ、お疲れ様でした!

私もネットワーキングの途中で参加したんですが、仕事の影響でかなり後の方になってしまって、あまり交流できなかったのが残念です。

タダ飯食うために来たのにご飯食べれませんでした。食べたかったです。

色々なブログの方で今回のミートアップに関する記事が出されているので、深く入り込みませんが、その中で紹介されたRippleNetの三銃士、xVia・xCurrent・xRapidについて改めて詳しく解説しようと思います。

RippleNetとは?

Rippleは銀行、送金業者、デジタルアセット取引所や事業会社をRippleNet経由で接続し、シームレスな国際送金を可能とします。

引用元

RippleNetは、これから解説するRipple三銃士xVia・xCurrent・xRapidなどを組み合わせた、Rippleの国際送金システムそのものです。

現在、この記事でも書かれている通り顧客は100を超え、商用利用でも75の団体に利用されています。

これは法人向けの国際送金システムの大きな枠組みであり、私たちが普段XRPをただ送金している時には使用していません。

私たちが普段利用しているのはXRP Ledger単体ですが、私たちが利用しないRippleNet内のxRapidの方でもXRPは使用するため、XRP Ledgerも当然利用されることになります。(後述)

それぞれの製品の簡単な概要

xViaは、送金を担います。

請求書などの情報を添付することができます。

xCurrentは、送金の処理を行います。

決済内容の確認や、着金の確認を行うことができます。

xRapidは、流動性を提供します。

デジタル資産、XRPを利用することで流動性を供給し、送金コストを抑えます。

xViaとは?

xViaとは、確実性のある国際送金を可能にするための製品です。利用者が手軽にRippleNetに参加でき、標準化されたAPIによって様々なサービス、ネットワークから接続することができるようになっています。

また、請求書を添付したり、自由にリアルタイムで送金状況を確認することができるようにします。

ネットワークをまたぐ送金

xViaは、様々なネットワーク間での送金を可能にします。標準化されたAPIによって、事業会社、送金業者や銀行などに適するよう標準化された送金システムを提供します。xViaのシンプルなAPIは、事前に何らかのソフトを用意する必要はなく、ユーザーはスムーズに国際送金を行うことができます。

オンデマンドでリアルタイム

E-Walletのような新しい決済ネットワークなども、追跡番号と着金確認により、最初から最後まで支払いをリアルタイムで、しかもオンデマンドで追跡することができます。

様々なデータの添付

請求書のような多様な情報を送金内容に添付することができます。送金に添付された請求書等の豊富な情報により、照合の手間が大幅に改善されます。

xCurrentとは?

xCurrentは、銀行による即時国際送金の決済を可能にし、送金の全ての進歩状況における可視性を提供する製品です。

以前の方法による送金では、10%の取引がこの作業によってエラーを起こしていました。また、エラーを起こした取引をキャンセルする料金も、送金手数料よりたくさんのお金がかかっていたのです。

このような不確実性を検証を挟むことにより解決できるものとなっています。

取引の事前検証

xCurrentを利用することで、銀行間でのリアルタイムなメッセージのやり取りが可能となり、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認ができるようになります。

膨大な情報の添付

取引するにあたり必要な、膨大な情報の添付を可能にします。

xRapidとは?


xRapidは、顧客の評価を改善したいと考えている送金業者や、その他金融機関が、XRPを使用して流動性を高めるためのコストを削減させることを助ける製品です。

ノストロ口座の削減

発展途上国が中心のマーケットへの送金においては、世界中の現地通貨を保有するための口座、いわゆるノストロ口座への事前の資金の用意が必要となることが多く、流動性コストは高くなります。

XRPを通貨同士の間に挟むことで、死蔵された現地通貨の口座を削減し、流動性を向上させることができます。

これにより、わざわざ流動性を確保するためのコストを減らすことができ、また死蔵されていた資産を有効に利用することができるようになります。

またXRPを保有し、価格変動による影響を受けることを防ぐため、XRPを保有せずとも現地の仮想通貨取引所のIOUを通じて送金を行うシステムになりました。これに関する変更点はこちらからどうぞ

また、これは法定通貨級の流動性を確保できていないときの話で、最近発表されたインセンティブプログラムにより、最終的にはXRPを保持しているほうが便利になっていきます。

リアルタイムの送金

XRP Ledgerを使用したXRPによってリアルタイムの送金を実現することができます。

処理件数は毎秒1500件、処理時間は平均3秒で、以前と比べ取引件数においては1000件から500件向上し、処理時間においては平均4秒から1秒減少させることに成功しています。

このリアルタイムでの送金ができるXRPを用いることで、xVia、xCurrentと組み合わせ、国際送金を実現します。

RippleNetによる国際送金

このようにxViaでは、請求書などの様々な情報を添付できるようにし、xCurrentでは、決済内容の確認や、着金の確認をリアルタイムで確認できるようにし、xRapidでは、デジタル資産であるXRPを利用することで流動性を供給し、送金コストを抑えられるようにします。

これらをまとめたRippleNetにより、迅速で手軽にしかも低コストで正確な国際送金を行うことができるようになるということです。

ミートアップについてですが、参加した人たちにはxVia、xCurrent、xRapidの中からどれか一つ、ステッカーが配布されました!

XRPを使用するxRapidがやはり人気のようですね笑

ちなみに私は紫色が好みだったのでxViaを選びました!

ではまた。

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 Binance(バイナンス)

Binanceは、現在取引量世界一位の日本語対応海外取引所です。 取引量が多いのでたくさんの取引をするのに便利です。リップルの他にも沢山のアルトコインを購入できるのでオススメです!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

1 個のコメント

  • コメントを残す