【BitMEX】100倍レバレッジでBTCFXができる取引所BitMEXの特徴と、登録・入金・出金方法(日本語対応)

こんにちは!くりぱかです。

何件かDMでBTCFXに関してご質問頂いたのですが、国内取引所として有名なbitFlyer Lightningなどの取引所は、板が見づらく、判断がしづらい、等々のご感想をいただきました。

私は普段板が読みやすいBitMEXという取引所を利用していたのでそこに気づきませんでした。

BitMEXは海外の取引所ということもあり、気になってはいるけど、手が出しづらいという方もかなりいると思います。

BitMEXは海外取引所ですが日本語に対応しています。

右上の国旗部分をタップし、「日本語」を選択することで、次ログインした時も日本語で表示されるようになります。

今回はBitMEXの特徴と、登録方法・入出金方法のご紹介です。

取引所BitMEXとは?

BitMEXとは、主にBTCFXのハイレバレッジができるとして有名な取引所です。レバレッジは最大100倍まで設定可能で、大きく勝負に出ることが可能です。

ゼロロスカット方式という、証拠金が0%にならないとロスカットされない方式を採用しており、かけた金額より損失がでないこともあり人気です。(因みにbitflyerは50%で、追証(借金)のシステムが存在します。)

以前は海外勢が多かったですが、最近では日本人のトレーダーも増えてきているようで、日本語に先日対応されました。

登録には個人情報などは必要なく、メールアドレスのみで登録することができます。

BitMEXの特徴

100倍レバレッジができる

BitMEXは先ほども言った通り、なんといっても100倍レバレッジが可能であることが大きいです。

100倍レバレッジというのは、原資に対して100倍の金額の取引ができるということで、例えば原資が100万円であれば1億円の取引ができます。

80万円でBTCを買って100万で売り抜ければ、通常であれば利益は1.25倍、25万円ですが、100倍レバレッジを使えば25倍、2500万円にすることが可能です。

少ない原資での一発逆転を狙えますね!

倍率は1〜100倍まで自由に設定できるようになっています。初心者で底倍率からやりたい!という方も大丈夫です。

他にはCross Marginというのもあり、かけた金額を今持っている残高全てを証拠金にして取引することが可能です。これは、かけた金額によって自動的に倍率が設定されます。

私も普段から100倍のレバレッジで短期取引をしていますが、先日は0.0012BTC、約1000円から1BTC、約85万円を目指そうということで取引をしていました。

そしたら上げ相場でしたのですぐその日中に0.04BTC、約3万5000円まで増やすことができました。うまくトレンドに逆らわず利用できれば、かなりの儲けが出ると思います。

0.0012 BTC (約1000円) → 0.04 BTC (約35000円) です。

アルトコインFXができる

これがかなり大きいですね。アルトコインでFXができる日本語の取引所は限られていますし、〜50倍もかけられるところはBitMEXくらいではないでしょうか。

Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)、Monero(XMR)、BitcoinCash(BCH)、Cardano(ADA)等々色々な通貨においてレバレッジ取引をすることができます。

追証が存在しない

他の取引所、例えばbitFlyer Lightningのように追証が存在しません。 

よくbitflyerのFXでロスカットされず追証が発生してしまい、数千万円のマイナスになってしまったなどとと聞きますよね。

追証というのは、レバレッジをかけた際、損が原資よりも多く出てしまった時に、原資以外に追加で支払いを行う必要が出てくるものです。

しかし、BitMEXの場合は、原資以上の損が出る前に自動的にロスカットしてくれるので、かけた分以上の損が出ることはありません。

相場に張り付いていなくとも勝手に行ってくれますので、安心して取引することができます。

見やすい板・チャート

これが1番重要だと思いますが、とにかくBitMEXはシンプルで見やすいことが特徴です。bitFlyerと比較して見ましょう。

bitFlyer Lightning 板

一応横に取引量によって棒が出るような仕様になっておりますが、そもそも画面が暗く、わかりづらいです。ピコンピコンうるさいですしね。

取引する際の価格は1円単位で指定できてしまうので、細かく設定できる反面、実際利用する際は結構面倒くさいです。

BitMEX 板

明るい画面ですし、売りと買いが赤と緑に塗られていて視覚的にわかりやすいです。

取引する際の価格は0.5ドル、約50円単位の指定が最低なので、とてもわかりやすく、取引しやすいですね。

前は0.1ドル刻みでしたが、先日のアップデートで0.5ドルになったようです!

bitFlyer Lightning チャート

スマホからだとはとてもじゃないけど操作しやすいとは言えません。別画面に移動しなければなりませんし。移動平均線などがあるのはいいですね。拡大や縮小はPCだと快適だと思いますが、スマホからだと厳しいです。

bitFlyerでの取引はほとんどの方がPCだとは思いますが、日々変動するBTCでは、出先などでもいじれた方が便利ですよね。

BitMEX チャート

チャート操作もスマホからでも比較的楽にできますし、もちろん拡大や縮小も簡単にできますよ。

ChartsViewというサービスからチャートを引っ張っているので、わかりやすいですね。

様々なテクニカルを行うことができます。

成り行き売買の様子が見れる

このように、最近の取引が見れるようになっています。これで売りと買いの強さを測れますね。

登録の仕方

まずはBitMEXのサイトに行きましょう。ここから登録すると6ヶ月間手数料が割引されます。

貴方が使用できるEメールと、パスワードを入力します。お名前は自作したものでもいいでしょう。

矢印方向に◯を移動させて、利用規約に同意します。

すると、登録完了と出るので、先ほど入力したメールアドレスの受信ボックスを見ます。

BitMEXからのメールが届いていたら、下の画像の赤線部分の「Verify My Email」をタップ。

BitMEXのサイトに飛べれば無事登録完了です。10秒弱で取引画面に自動的に移動します。

入出金方法

入金方法

BitMEXの入金は、日本円などの法定通貨ではできず、Bitcoinのみとなっています。日本円からBitcoinを購入できるCoincheckや、BitbankGMOコインなどを利用してBitcoinを購入しましょう。

BitMEXの公式サイトに行ったら、上のバーに「アカウント」があると思うので、それを選択すると下のような画面が出てくると思います。

ここでは、現在の残高などを見ることができ、入出金もここから行います。

入金を選択したらこのような画面が出てくると思います。

真ん中のアドレスをコピーし、このアドレスにBitcoinを送ります。送金できる最小の単位は0.0001BTCで、それより少ないと反映されません。

※こちらの画像のアドレスは私のものです。自分のアカウントから入金アドレスは確認してください。

ある程度時間が経つと、登録したメールアドレスにメールが届いていると思います。

1度目は、入金が近づいているよ!というお知らせで、2度目のメールで最終的に入金が確認されます。

1度目

下の画像のように送られて来ます。この段階ではまだ入金されません。入金の様子は、メール内のURLから参照できます。

2度目

入金が無事確認されました。反映も1分前後以内にされると思います。

出金方法

先ほどのアカウントの画面から出金を選択します。

BitMEXから出金手数料を取られることはありませんが、Bitcoinの送金手数料はかかります。デフォルトで現在のネットワーク状況に合わせて最適な送金手数料を設定してくれます。

宛先アドレスに、送信したいアドレス先を入力し、金額部分には送金したい量を入力。

できたら「送信する」を選択し送金準備が整います。

あとは、登録したメールアドレスの受信ボックスをチェックし、この内容で良いのであれば2つあるURLのうちの上、キャンセルしたいのであれば下を選択します。

毎日日本時間22時にまとめて送金が行われるので、それまでは実行されません。

また、途中でキャンセルしたくなった場合22時までに「アカウント」にてキャンセルを選択すれば、URLをもう既に踏んでいたとしても送金をキャンセルすることができます。

 

以上が今回の記事になります。次回は、具体的な取引方法について解説します。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す