Bitcoin Gold(BTG)は詐欺?BTCの分裂、ハードフォーク(HF)の状況を詳しく解説

こんにちは

注意喚起のためのBitcoinからフォークすると言われているBitcoin Gold(BTG)に関する記事です。この記事ではあくまで詐欺と断定はしませんが、最初から結論を言うとほぼ詐欺の線が濃厚です。

色々不自然な点がいくつかありますので、全て読んで判断した方が良いと思います。

ニュースの概要は?

まずBTG開発者側(@)が殆ど情報を出しておらず、大事な点が公に出ていないんですね。

普通のICOとかはSlackの参加人数は1万とか行くこともあるんですが、BTCのハードフォークなのに公式Slackに2000人を満たない人しかいない。

つまり、賛同者、関心を持っている人が少ない点が挙げられます。

そして気になるBTGの付与条件ですが、BTGの開発者がプライベートネットワーク上で既にBTCを10月1日にフォークして、難易度を下げ先に20万BTGをマイニングで手にしている。

つまりこの時点で10月1日以前にWalletにBTCを入れてた人でないと手に入れられませんので、今更BTCを買っても貰えません。

もちろん取引所においてあったBTCも付与されるかどうかはかなり微妙です。まずBTGを取り扱う取引所が出てくるのか?と言う点もありますね。

その後難易度を相応まで上げてパブリックネットワークに公開し、11月1日に10月1日時点でウォレットでBTCを保有していた人だけにBTGが配布される形になります。

開発者が持っている20万BTGは、BTGのICO出資者に配布されるみたいです。ハードフォークなのにICOしているってどう言うこと?ってなると思います。本来であればICOなんてする必要がないのですから。実際にBCHのフォークの時にはICOなんてありませんでした。

本当にハードフォークするのか?と言う点も微妙なところです。開発ソースがスカスカで、またプライペートネットワーク上でフォークしているため、本当にフォークしているのか、こちらから確認する手段がないからです。

このようなことを考えると、今回のハードフォークは、BTG開発者陣営が、BCHハードフォーク時にBTCを現物で持っていた人が勝利したのを見た大衆を、騙していく計画が練りこまれている気がします。

追記

最初の時点では10月25日にBTG付与が確定し、11月1日にフォークすると言っていたのですが

開発ソースが公開されているGithubのコメントには10月1日時点でハードフォークをしたと書かれています。20万BTGもフォークされてない状態では採掘のしようがないですからね。

しかしここに来てまた一応公式?のBTGのTwitterアカウントがハードフォーク、スナップショットは10月25日と発言しており、余計混乱が起きています。

情報が少なすぎるため断言はできませんが、このアカウントが正しいとすると10月25日時点でBTCを保有している人にもBTGが配られるようになります。

こちらの方が以前から言われている話ですし、海外の記事を見てもそのような意見が多いので、やはり10月25日に付与が確定する可能性の方が高いですが、様々な話が飛び交っているので、各自判断お願いします。

まとめ

どうでしたでしょうか。まずこれからBTGを得るためにBTCを買おうとしている人はやめた方がいいです。マーケットがいつこのことに気づくかわかりませんし、もう気づいてる人も出てきているのにも関わらず、BTCが雰囲気上げ、もしくは意図的に価格を上昇させている可能性も考えられます。

なぜもうBTGは得られないのに買われ、値段が上がる要素があるのでしょう?(追記の通り、25日まで持っていれば付与される可能性はあります。)

高値でみんなに掴ませ安値で売らせるのが仕立ての目的なので、現在の上昇に惑わされぬよう気をつけてください。もちろん短期では上がる可能性も秘めていますが。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す