SBIのSコインはRipple/XRPにどのような影響をもたらすのか?

ちょっと前のニュースですが、Sコインのことを知っていますでしょうか?

つい先日SBIが独自の通貨、Sコインを発行することを発表しました。これはSBI関連の、例えば住信SBIネット銀行やSBI証券、SBIFXなどのサービスにおいて使用できるようになるとのことで、SBIVCで売買の取引を行えるようになるとのことです。価格に関しては、円に対して安定的なレートで取引されるようになるそうです。

このことから、SBIVC口座のJPYからSコインを通じ証券などにアクセスできますし、証券、FX系からも仮想通貨取引所SBIVCに資金を移動することができるというわけですね。

一部に、SBIは、Ripple社のXRPを販売することによって儲けるビジネススタイルを真似してSコインを発行することで儲けようとしたのだという意見がありました。

需要と供給による大幅な価格変動が起きる通貨であれば、意図的な価格上昇によって儲ける意図も感じることができますが、円に対して安定的なレートを維持するとのことでそのような意図はないと考えられます。

また、実際にXRPはこのSBI関連サービス間での送金に使われませんでしたが、これは現時点では仕方のないことです。XRPはまだまだ流動性が足りず、価格の変動が激しいので、まだ実用的に使うことは不可能でしょう。

このことからも上記の円に対して安定的なレートで取引できるSコインを設けた理由がわかりますね。

今回のSコインによってRippleが得られる最も良い影響は、証券、FX系からの資金の流入を受けられ、取引がさらに行われるようになる点です。

SBIのサービスを利用している層や、SBIの株主としては、SBIの日々の動向を当たり前のようにチェックしているでしょうから、当然推し通貨であるXRPについても把握している/関心を持っていると思います。実際にSコインが対応した時にも多くの人が仮想通貨関連ということで知られるでしょうしね。

他には上のツイートのように住信ネット銀行からもリアルタイムでSコインを通して送金し、SBIVCに振り込むこともできるようになるのでないでしょうか。

また、振込先口座として住信SBIネット銀行を採用しているCoincheckの和田社長も住信ネット銀行の仮想通貨界における重要な役割と影響力についてTwitterで言及しています。

相当の量の方が利用しているでしょうし、SBI Ripple Asiaなどの会社を設立しているSBIは、日本の大銀行として世界の仮想通貨コミュニティーからも認識されているでしょうから、SコインとSBIVCの連携は同取引所内での取り扱い通貨にとってかなりポジティブな影響をもたらしそうです。

SBIVCは最初はBTCのみの取り扱いになりますが、SBIVC社長は「XRPも当然取り扱う」と言っています。

SBIVCは日本国内でのみ利用可能ですが、SBI MAXは国際的な取引所として展開していく予定なので、具体的な開設時期はまだ出ていませんが、こちらも要注目といえますね。

リップル・XRPを購入できる仮想通貨取引所

簡単に取引したいならココ! Coincheck!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップルでFXがしたいならココ! GMOコイン!

安くリップルを買いたいならココ! ビットバンク!

仮想通貨FXができる厳選国内外取引所紹介

BTCFX・アルトコインFXができる取引所紹介です!

レバレッジの倍率・追証の有無・アプリの使いやすさなど、様々な観点からご紹介しています!

こちらから解説記事へ飛ぶことができます!

コメントを残す