銀行やEthereumなどのスマコンを繋ぐChainLinkはRipple Killerになりえるのか?

こんにちは

今回はChainLinkという通貨についての話です。

この通貨についてはニルス様のこちらの記事からどうぞ!

このChainLinkは、銀行やEthereum、Paypalなどなど様々な決済機関やその他スマートコントラクトなどの台帳やチェーンをつなぐことができます。

f:id:Rippler:20171007134337p:image

一見ILPと競合しそうな通貨ですが、実際に競合するのか、というとそうではありません。

RippleのILPの場合、主体は価値の移動にあり、Ethereumなどのスマートコントラクトや、銀行などをつなげて、より便利に”機能”の相互運用を可能にすることが目的ではありません。

ChainLinkは、その通貨をEtherと同じようにネットワークのコストとして支払うことを存在意義としているので、XRPのように中間通貨として様々な台帳の円や、ドル、BTC、Sコインなどをブリッジする目的はありません。

BTCそのものをILP経由で送金したり、BTCからXRPに変換し、また他の通貨に変換して送金をこなすような”実務”をこなすわけではなく、”実務”を行うソフトウェアなどを繋ぐ”橋渡し”になります。

EthereumやAugarなどのプラットフォーム層を繋ぎ、それぞれを$LINKをコストとして”機能の橋渡し”をするのがChainLinkで、

EthereumやAugarなどのプラットフォーム層を繋ぎ、それぞれのネットワーク内のETHやREPなどの通貨層を中間通貨XRPを通じて”通貨の橋渡し”をするのがRippleです。

ChainLinkは、あらゆるネットワーク内の通貨の橋渡しをすることはできませんが、お金関係に関わらない例えばGPSなどの便利機能系のシステムを繋ぐことができるのが強みです。

Rippleは、機能の橋渡しをすることはできませんし、お金、価値が関わらないところに関わることはできませんが、そのネットワーク内の通貨を橋渡しできるのが強みです。

そして例えば上記のGPSの利用料金などもXRPで支払えるわけです。

このようにChainLinkとRippleは競合するわけではなく、むしろ連携した方が便利になると言えそうです。

あらゆる台帳やスマコンなどを繋げるという表現から、一見競合しているように感じますが、対応している部分を見ていけば違うことがわかりますね。

面白そうな通貨ではあるので、私も買いはしませんが、注目していこうと思います。

リップル・XRPを購入できる仮想通貨取引所

簡単に取引したいならココ! Coincheck!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップルでFXがしたいならココ! GMOコイン!

安くリップルを買いたいならココ! ビットバンク!

仮想通貨FXができる厳選国内外取引所紹介

BTCFX・アルトコインFXができる取引所紹介です!

レバレッジの倍率・追証の有無・アプリの使いやすさなど、様々な観点からご紹介しています!

こちらから解説記事へ飛ぶことができます!

コメントを残す