ICO開発者側がトークンセール終了後も開発意欲を出す仕組みを考えた

こんにちは!くりぱかです(`・ω・´)

普段ならTwitterとかで垂れ流す内容ですが、文字数制限とかで書けないことって結構あるので、こういう考察もバンバン記事にしていこうと思います。

トークンセールが終わったら全然進歩を出さない金持ち逃げ開発者と、死んでいく通貨たちが9割型のICOの現状っていいのかなっていつも思っていまして、今回はそんなICOの悲しい現状を打開するための策を考えて見ました。

世界を変えるソリューションを作るはずのICOが、開発意欲を出させるソリューションを必要としているのには笑います。

今度「ICO開発のやる気を出させるソリューションを、ブロックチェーン技術によって提供する世界初のプラットフォーム」みたいなICOしてみようかな。

名前はcornsaでいきますね。トークンはCWSで。

冗談はさておき、本題にいきましょう。原因を探っていき、解決策を見つけていきます。

1. 何故開発者は開発しないのか?

→開発せずとも既にトークンセールによって億単位の金を手にしているので、取り分のトークンの価格を上げることで儲けようというモチベーションに繋がらない

2. モチベーションを出させるには?

→開発し、価格を上げることでトークンセールに負けないくらい利益を得られる道を作る

3. コミュニティーも納得するような開発者側に利益が出る仕組みとは?

 

3-1. トークンの価格が上昇し、一定の目標に達したらトークンをさらに得る

悪くはないが、コミュニティーが納得しない可能性が高い。枚数が多いと、目標ラインより少し下で価格が停滞する可能性がある。そもそも枚数を増やすのは1枚あたりのネットワーク内の根本的な希少価値を薄めることになる。

3-2. 途中でICOをさらに行う

3-1と本質的には変わっていないが、目標という制限がない点が本当に大丈夫か怪しい。しかしこれはICOである点が生きてくるプロダクトが進行していればきちんと参加者が出てくるから、それこそ今回の問題を解決している。3-1と同じく1単位通貨の価値を薄めることになる。しかし元に戻る可能性も大。

3-3. コミュニティーからトークンで投資してもらう

ちょっと特殊なシステム。だけどどちらもリスクがあり、ちゃんと短期の利益ではなく長期的に、ちゃんと開発させる仕組みを設ける。

開発者は、コミュニティーから得た通貨の0.1倍を自分のものにできる。コミュニティーは支払った1.2倍の量の通貨を得る。

しかしどちらもロックアップされて受付上限がある。ある一定の額で価格を維持しないと支払われない。

コミュニティー側は本当にプロジェクトを応援している人だけが儲かる仕組み。

開発者側は 短期で損しても長期で応援してくれる人がいないとできない仕組み。

しかしまあSCAMは何やっても開発されません。SCAMじゃないものでも、開発者チームの意欲を出せるような何か決定的とも言える方法はないものでしょうかね。

Twitterでなんかあったら教えてください!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す