Rialto.AIの配当の受け取り方

こんにちは

タイトル通りで今回はRialto.AIの初配当の貰い方の記事です!

今回の配当は、目標としていた裁定取引によるものではなく、Hedgeというプロジェクトとの提携の印にHedge Tokenが配布されるものです。

提携で何故配布してくれるのかという理由については下のように考えています。

1. Rialto.AI側が最初の配布を済まし信用を得るとともに、進歩していることをアピールするため

 

2. Hedge側がトークンを既にICOで流通し、拡散されているトークンの保持者に配布することで流動性を持たせることができる(つまりエアドロップ的な役割)

 

3. 上に続き違うRialto.AIのマーケットの人たちにもHedgeプロジェクトに関心を持ってもらい、ICOに参加してくれる機会を作ろうとした

では配当の受け取り方に入りましょう。

始めに、現在はもう9月16日(執筆時点)なので、9月15日時点でEthereumアドレスにXRLトークンを維持していなかった場合は参加できません。そして参加者の方も10月16日までRialto.AIのXRLトークンはPublic ledgerのEthereumアドレスにおいておく必要があります。配布されたまま放置されている方はそのままで大丈夫ですので、そのまま次の登録に移ってください。

Rialto.AIの配当だけを受けたい方はそのままこの方法に従ってください。Rialto.AIの配当受け取りとHedgeのICOも参加したい方は次の記事で紹介します。

1. まずHomepage – HEDGE TOKENにアクセスし、登録します。

2. そして登録したusernameとpasswordでログインします。

3. ログインしたらSign in – HEDGE TOKENにアクセスします。

f:id:Rippler:20170916080328j:image

4. すると自分のアカウントの設定が出てくると思うので、下にスクロールしていきます。そしたら、上の画像のように出てくると思うので、GO TO HEDGE TOKEN SALE PAGEをクリックします。

f:id:Rippler:20170916080835j:image

5. ちょっと下にスクロールしていくと上のような画像が出てくると思います。ここに自分のXRLが保持されているEthereumアドレスを入力し、Saveを押します。

XRLを保持しているアドレスが複数ある場合、3つまでなら登録することが可能です。Saveを押した後、入力をすることができる欄が増えていると思うので、そこに2つ目3つ目のアドレスを入力してください。

6. 10月16日に、XRLトークンの保有量に合わせて、登録したEthereumアドレスにHedgeトークンが自動的に配布される予定です。

以上でHedgeトークンの受け取り方法は終わりになります。Hedgeプロジェクトの参加方法は後ほど出します。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す