Ripple社 CTOに聞く!Ripple、XRP、InterledgerについてのQ&A #3

前回のRipple社 CTOに聞く!Ripple、XRP、InterledgerについてのQ&A #2 – 仮想通貨の解体新書の続きです!

というわけで第三弾なのです!

前回の記事はここからどうぞ!

rippler.hatenablog.com

13. なるほど。 1つ目の課題である、決済が相互運用可能でないという最初の問題を解決したのですね。つまり貴方は次の第2の課題「より迅速に、より良いシステムに」に取り組みます。そのシステムを創造するにあたりXRPが必要な理由がわかりません。 XRPとは何ですか?

現在、どこにいても事前に準備した資産で国際的な決済をリアルタイムで行う方法です。

14. 例えば、私がある国の銀行であるとして、あなたは別の国の銀行だとします。私はあなたにまとまったお金を送金することを決めました。また、あなたは異なる通貨で私にまとまったお金を送金します。これをすることを、先ほど貴方が意味した、事前資金(ノストロ口座)によって行う、ということですか?

まさしくそうですが、それを行うのは銀行だけでなく、企業もそうだし、決済会社も行なっています。実は世界にはこれを行うためだけに用意され眠っているお金がたくさんあり、私の調査によるとその資金の見積もりは、世界中で26兆ドルです。これらの莫大なお金は支払いのための担保や予備資金として口座に入っているだけのお金です。

私たちが大きな機会として見ているものは、国際的な支払いが行え、リアルタイムで決済が可能であり、通貨として十分に信頼でき安定しているものです。そしてそれは「ほぼ全世界にテレポートできる金やノストロ口座の予備資金」のように使えると考えます。そうすれば、どこかの口座に資産が縛られなくなるので、世界中どこにいてもリアルタイムで価値を移動することができます。そのすることで他の別のことにそれを利用できるようになります。

15. 別の資産を使い、それを行うことはできなかったのですか? その役割自体がXRPである必要はありません。XRPはあなたがただ選んだものに過ぎません。

そうですね、それは本当に良い質問です。 私たちはあなたがその役割において使いたいと思う資産の、特性がどのようなものであるか考えてみましょう。 あなたは米国ドルや、Bitcoin、Rippleのようなデジタル資産を使用することができます。 質問は、あなたが使いたいと思う資産についてでしたね? 法定通貨についてみてみると、中央銀行が実際にサービス(送金各種)を提供している間は、貴方がいつも決済のために使用している特定の元帳と、相手方の特定の発行者は常に結びついています。よって、私が考えるに、現在の銀行についての問題は、銀行には競合しているモノが居らず、代替サービスを行う人がいないので、彼らがそのサービスを独占し、それを行うことによって利用者に法外な利用料金を請求することです。

一度あなたが銀行と同じこのような状況に到達すれば、競争者はいなくなります。なぜなら、人々の利用先が同じモノに固定されてしまうからです。 XRPのような中立的な資産は、Ripple社が高額な料金を請求しないので決済に使われると考えます。なぜなら、私たちは私たちの利用者よりネットワークを制御することはないからです。そしていつもRippleの利用コストは低いので、手軽で自由に使えるシステムになるからです。

「Rippleでは手数料が常に低くなるため、手軽で自由に使えるシステムになる」

16. Rippleのシステムは自由度があるように設計されています。しかし、Rippleのノード(サーバー、BTCにおけるマイニング機器)の大多数がRipple社によって稼働されているのは事実ですよね?

現在、私たちはMIT(意味:マサチューセッツ工科大学)やMicrosoftを含む世界中のパートナーと協力し稼働しています。これらはすべて企業が管理している会社であり、基本的にRippleのバリデーター(サーバー)を稼働しています。 Rippleの仕組みは、利用者が使いたいバリデーターを選択できるということです。利用者は私たちのものを選ぶことができますし、他のパートナーのものを選ぶこともできます。Ripple社は、利用者にはRippleのバリデーターを使用することを推奨しています。その理由は、数年にわたる運用経験を持つ唯一のものだからで、貴方が他の利点を受けられる場合としては、貴方が商業的に使いたい時などがあげられます。

しかしながら、将来的には、これらのプロパイダーもその一部が経験を積み重ね、実績を上げます。その頃には私たちの顧客も彼らのことを信頼し始めますし、私たちも彼らを信頼することを推奨するようになるでしょう。 ですから、そうなった時が本当に私たちによってネットワークが制御できないものになる時です。

いかがでしたでしょうか?結構疑問が解消されたんじゃないですかね?この元記事本当に有能な記事ですね。感謝です。次の第四弾の記事が最終回になります。できるだけ早く書きますので少々お待ちを!

ではまた。

前の記事

Ripple社 CTOに聞く!Ripple、XRP、InterledgerについてのQ&A #1 – 仮想通貨の解体新書

Ripple社 CTOに聞く!Ripple、XRP、InterledgerについてのQ&A #2 – 仮想通貨の解体新書

次の記事

Ripple社 CTOに聞く!Ripple、XRP、InterledgerについてのQ&A #4 – 仮想通貨の解体新書

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す