貴方が知るべきXRPについての9つのこと

f:id:Rippler:20170707172452p:image

ここ数ヶ月の間で、世界で最も有名である仮想通貨Bitcoinの時価総額は仮想通貨全体の時価総額の半分を割りました。全体の80%もあったものが40%にまで下がったのです。これは他の仮想通貨の価格が上がり仮想通貨全体の時価総額1000億ドルの壁を破るまでに押し上げたためです。

これらの新しい仮想通貨のうち、XRPは、金融機関や経験豊かな投資家の考えを大きく変えました。1月から5月末までにその価値は0.006ドルから0.300ドルへと急増したのです。2016年からの成長率をBitcoinと比較して見ると、Bitcoinが700%の上昇率に対しXRPは6500%成長しており好調だと言えます。Ripple社はXRPの所有により、Uber、Airbnb、Palantir、WeWorkの後に続きアメリカで今最も価値のある新興企業の1つです。

しかし、XRPも他の仮想通貨同様にしばしば混乱や謎、様々な思惑が絡む原因となることがあります。なので今回は、XRPについて知っておくべき9つのことを知り様々な誤解を解決しましょう。

XRPは、金融機関や決済プロバイダ向けに特別設計された唯一の仮想通貨です。

多くの仮想通貨には明確な目的がありません。このような仮想通貨は、用途として価値の保存や商品の購入、消費者の取引に使用される可能性もありますが、明確な1つの使い道を考慮して作成されたものではありません。これとは違い、XRPは具体的に価値の移動の役割をこなすものとして企業向けに作っているため、他の仮想通貨と違い明確な使い道を持つ数少ない仮想通貨の1つです。

XRPは現実の貨幣通貨間の橋渡しとしての役割があります。

Bitcoinのような一部の仮想通貨は、既存の政府によって作られた通貨に成り替わることを目的とし、目指しています。XRPは10を超える取引所で様々な法定通貨と交換でき、国境を超えた価値の移動を効率的で迅速に行うのに役立ちます。例えば、韓国の貿易会社に支払う必要があるメキシコの会社は、韓国で事前に口座を開設するか、銀行のような外貨取引会社を経由し通貨を変換する必要があります。どちらの場合でも、手数料が高額になり速度も遅いです。メキシコの銀行や決済プロバイダはXRPを使用し、即座に自分の支払いたい時に支払いたい分だけ支払うことができます。XRPは、事前に口座開設し資金を入れておく必要がなく、また外貨為替手数料なしで、より安くより迅速な決済を実現します。

XRPにより、迅速で安く、そして信頼性の高い複数国間での支払いを可能にします。

XRPは銀行や決済機関に複数国間での支払いを行うための流動性(意味: 自国の通貨を他国の通貨に変換する簡単さ)があり、信頼性のある機能を提供します。今日では銀行を通じ自分の国から他国に送金する時3〜5日かかります。また、この方法でだと支払いが遅れたり一生届かないリスクも高くなります。あるいは事前に現地で銀行口座を開設しておく方法もありますが、その国に資金を留めておかなくてはならないデメリットもあります。XRPは、これらの方法それぞれが持つ欠点を全て解決する解決策の一部であり、平均的な決済完了までの時間はわずか4秒です。(XRP | Ripple)XRPは金融機関が外貨は交換するときの為替手数料を支払うことなく、また現地で事前に口座を作り資金を入れておく必要がなく、リアルタイムで流動性を供給できるようにすることで、新市場への開拓、為替コストの削減、顧客への支払い速度の迅速化をサポートします。

XRPは、国境を超えた迅速な支払いのための決済ネットワークの一部です。

Rippleは、国境を超えた支払いに関する問題を解決し、情報を送信するのと同じくらい効率的にお金を移動させる Internet of Value – IoVを構築することに全力を尽くしています。当社の技術は、支払いの共通基準を作成し、XRPをデジタル資産として使用して、現在バラバラに切断されている様々なブロックチェーンと帳簿をまとめ繋げ合わせます。

XRPはBitcoinよりもはるかに早い速度で動作します。

Bitcoinは最大で秒間7件のトランザクション(意味: 1つの取引のこと)を処理できますが、処理できずにいるトランザクションがたまっていくと2時間以上もかかる場合があります。Visaのような既存の決済サービスと比較すると、秒間2000件のトランザクションを処理でき、Bitcoinは典型的な顧客の需要を満たすスケーラビリティ(意味: 必要が出てきた時の拡張性、例えば処理速度を上げられること)を持たないが、XRP元帳は、秒間1000件以上のトランザクションを処理し、リアルタイムでVisaと同じ処理能力に拡張できます。(New Features Increase XRP Ledger Transaction Throughput to Same Level as Visa | Ripple)

XRPは安全です。

XRP元帳とは、XRPのトランザクションが発生した時に記録される場所です。これは信頼できる認証者達と、元帳を積極的に開発し維持しているフルタイムエンジニアのチームによってサポートされていて、一般に公開されているコードをベースにしたものです。1日目以降、XRP元帳は、分散化により、システム全体にダメージが入るような重要な部分の回復力と抵抗力を備えました。これは現在も開発され続けています。(How We Are Further Decentralizing the XRP Ledger to Bolster Robustness for Enterprise Use | Ripple)

XRPはBitcoinのような採掘される仮想通貨よりも持続可能です。

Bitcoinは採掘された仮想通貨であり、 複雑な数学の問題や「Proof of Work(意味: 作業による認証)」を処理する巨大なマイニング工場によって常に新しいコインが作成されます。この大変非効率的であるシステムは、大量の電気を必要とします。コイン1枚を作成するのに、アメリカの一般家庭の3.67件が1日要する電力がかかることがあり(Bitcoins Energy Consumption An Unsustainable Protocol)、「持続不可能」と言われています。XRPはマイニングによって発行されていないので、現在存在する全ての通貨はすでに発行されておりRipple(そのうち550億枚はエクスロー(意味: 保有しているが自由に動かすことが制限されているXRP)によって保有されています。)及び企業や個人が所有しています。

XRPは未来です。

これは、「いつか」の問題であり、「もし」ではありません。金融機関やその他関連企業が日常的に仮想通貨を使用し始めた時の問題で、どの仮想通貨が最後に生き残り使われるのかというのは大変興味深いものになります。XRPは金融機関が国境を超えた迅速かつ安価に、そして簡単に送金できるようにするという目的を持っているため、私たちはXRPが成功すると確信しています。

XRPを購入するのは簡単です。

あなたが誰であるかでXRPの購入方法は変わってきます。金融機関の場合は、Rippleに直接お問い合わせください。あなたが個人投資家なのであれば購入方法はたくさんあります。Buy XRP | Rippleに記載した仮想通貨取引所のいずれかに行き、購入することができます。

この記事を読み翻訳し終わった時、改めてRipple革新性と将来性を感じました。Internet of Value – 価値のインターネットに向けたRippleの成長はまだ始まりに過ぎないのです。

翻訳元: https://ripple.com/insights/nine-things-need-know-xrp/

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す