米国デラウェア州はブロックチェーンによる株式取引を許可する法案を可決

こんにちは🌞🌞🌞

このブログはRipple色もついていますが、基本限定せずに色んな暗号通貨界の情報を発信していこうと思っていますのでよろしくお願いします。

では早速。

翻訳元サイト:
Delaware House Passes Historic Blockchain Regulation – CoinDesk

この界隈に精通している複数の情報筋によると、先日米デラウェア州議会はブロックチェーン技術を使用し株式を取引する権利を許可する州法の改正案を可決したようです。
投票に関する詳細はまだ確認中ですが、グローバル・デラウェア州の主導者Andrea Tinianow取締役はCoinDesk(この記事の翻訳元サイト)へのメール内でこのように説明しました:

「あなたは今書くべきものがあるでしょう!!新たな歴史が誕生したよ!」

この情報は法案が全会一致で可決されたことを示していると言えるでしょう。今月上旬に上院で法案が可決されたことを考えると、次の投票がこの法案制定への最終的な障害と言えます。

デラウェア州法律協会のMatthew O’Toole議長は、CoinDeskに、州知事John Carneyが7月末までに法案に署名し、施行日は8月1日になると伝えました。

O’Toole氏は、CoinDesk宛てのメール内で、「デラウェアは企業法において最先端を行き、分散化した元帳による株式の使用を可能にすることでリードを維持する」

と述べ、それに加え

「デラウェアの法人が、法と技術の融合による革新的なメリットを享受するのを楽しみにしている」

と述べました。

住民よりも多くの企業が点在しているデラウェア州の議会改正案は、将来企業が上場する方法に大きな影響を与える可能性があるとしています。

Cooley LLPの弁護士Marco SantoriとBlockchain起業家Caitlin Longの協力の下で編まれたこの法案は、ブロックチェーン上に大規模な株式発行の道を産むことが期待されています。

ブロックチェーンまたは類似の分散帳簿上の通貨を取引することにより、現在買い手と売り手の間に存在するいくつかのステップの中で利益を得てきた仲介人が取引に必要なくなり決済時間が大幅に短縮されことが期待されます。

CoinDeskの情報によると、この法案は発行時の合法性を明確にするため株式においてブロックチェーンを利用することを既に可決直前であった法案を複数の企業からの要請により前州知事Jack Markellによって昨年導入されました。

SymbiontのLong氏はCoinDeskに次のように述べています:
「この法案はデラウェアにとってとても意味のある法案だ!」
「さらにこの改正案による利点は、有価証券管理のために最初から最後までデジタル化を可能にすることにより、法人登録サービスにおけるリーダーシップを固められることです。それに銀行は自動的に担保を優先的に管理できるものを非常に使いたがっています。」

以上で翻訳部分の記事は終わりになります。

ブロックチェーンによって株式取引までも管理できる時代になるんですね!しかも州議会がリーダーシップを取り率先して普及に取り組んでいます。これからもブロックチェーン技術は通貨に限らず様々なものに利用され普及していくことでしょう。そんな未来が楽しみですね。いや、もう始まっているのかもしれません。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す