週刊 Ripple Now! 第6号 2017/10/22 〜 2017/10/28

概説

討論会や上場ニュースなどが目立った1週間になりました。Rippleは比較的関心がある韓国のソウルにてmeetupの開催が決定した他、東京でも開催の予定があるということです。

今週のニュース

10月22日 日曜日

Money2020開催

金融・送金・仮想通貨関連事業を行う企業が集まるイベント、Money2020が10月22日から25日にかけ行われました。

Ripple社社員も複数人参加したとのことです。

10月23日 月曜日

Rippled 0.80.0 アップデート

XRP Ledgerの信頼性、スケーラビリティ、そしてセキュリティを向上させる機能強化を導入したRippled 0.80.0 アップデートがリリースされました。

10月24日 火曜日

取引所CoindeltaにXRP上場決定

取引所Coindeltaの上場通貨にXRPが選ばれました。XRP/BTCペアと、XRP/INR(インドルピー)ペアが追加される予定です。

他に投票内にあった通貨はNEOとBCHで、XRPは、2位の39%のNEOに20%差をつけ59%の票を獲得しました。

RippleがCrypto Offerに追加

Rippleが、Bitcoinや、Ethereum、Litecoinに続きCrypto Offering Algorithmに追加されました。

10月25日 水曜日

SBI Ripple Asiaの内外為替一元化コンソーシアム発足から1年

内外為替一元化コンソーシアムとは、

外国為替に加えて内国為替も一元的に行う決済プラットフォーム「RCクラウド」をRipple Solutionを活用し構築

するものです。

2017年末・2018年に向けて、これからもRCクラウド実現に向けて様々な動きが出るでしょう。

10月26日 木曜日

韓国でRippleのmeetup開催が決定 

韓国のソウルでRippleのmeetup開催が決定しました。

Ripple社社員のMiguel Viasと、日本人社員のEmi Yoshikawa氏が参加します。

日本でRippleのmeetup開催予定

Ripple社日本人社員のEmi Yoshikawaさんが、東京でのmeetup開催を予定しているとのことでした。

CBCARCにてRippleについて話されました

中国でブロックチェーン関連の討論会が行われました。

XRPなどのRippleに関することも話されました。

一週間の相場

週の前半は、底打ちによる反発で20〜24円の広いレンジでしたが、後半からは非常に安定した相場になりました。

マーケットデータ

XRPの放出枚数: 38,531,538,922 XRP
XRPの時価総額: 8815億円
XRPの価格: 22.88円
XRPの総取引量: 1572.9億円
取引の決済時間: 3.72秒
ネットワークの取引手数料: 0.059702円
秒間取引件数: 12.83/1000+TPS

Ripple Accounts

1週間で増加したRipple Accountの数は約7750になり、合計で約509000になりました。

まとめ

SBI Ripple Asiaの内外為替一元化コンソーシアム発足から1年ということで、SBI Ripple Asia社長の沖田氏も、「まさにこれからだ」と語っていました。今後の発展に期待です。

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 Binance(バイナンス)

Binanceは、現在取引量世界一位の日本語対応海外取引所です。 取引量が多いのでたくさんの取引をするのに便利です。リップルの他にも沢山のアルトコインを購入できるのでオススメです!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す