週刊 Ripple Now! 第3号 2017/10/1 〜 2017/10/7

概説

今週は、Gatewayや取引所がXRPを取り扱う系統のニュースが多く、初めてXRP/RUBペッグを取り扱う取引所が出ました。他にはRipple Accountの数が50万を突破したことや、韓国での取引が上がっているなどのニュースがあります。

今週のニュース

10月1日 日曜日

Gartnerシンポジウム開催

10月1日から5日にかけて、アメリカフロリダ州においてGartnerのシンポジウムが開催されました。

 

IT関連技術や、金融ビジネスに関することの話し合いが行われ、ブロックチェーン業界に精通している記者のDon TapscottがRippleNetの効能について話されたということです。

 

Ripple Accountの数が50万を突破

XRP Ledger上のRipple Accountの数が50万を突破しました。

 

2017年の元日では237374アカウントであった数が2倍以上に増えました。

 

また、1日100アカウントのペースで増えていたものが、現在は、500から2000アカウントペースで毎日増えています。

 

10月2日 月曜日

Ripple CEO Brad Garlinghouseの質問会が開かれた

Ripple CEO Brad Garlinghouseの質問会が開かれました。

 

一般の方からの質問を受け付け、類似したものが多かったものを答えていました。

 

注目の話は、「既に”XRP”を使っている銀行がある」ということです。

 

サイバーエージェントがXRPを取り扱い予定

Amebaブログなどを運営するサイバーエージェントが取引所を開設する予定です。

 

開設後すぐではなく、2018年春を目処にXRPを取り扱う予定です。

 

XRP Ledgerが処理能力を1500TPSで維持することに成功

XRP Ledgerが、パーフォマンスのテストをし始めてから処理能力10倍を達成しました。

 

また、1500TPS(秒間1500取引)を維持できるようになりました。

10月3日 火曜日

EXMO取引所が始めてXRP/ルーブルペッグを採用

EXMO取引所がXRP/RUB(ロシア・ルーブル)ペッグを採用することを発表しました。

 

他にもXRP/BTC、XRP/USDなどを採用する予定です。

 

アメリカのRipple Gatewayが10月15日までに初期リリース予定

アメリカのRipple Gatewayが10月15日までに初期段階のサービスをリリースするとのことです。

 

RippleのGateway増加によって法定通貨ペッグの取引が増えることが期待できそうです。

 

10月5日 木曜日

韓国の取引所において1億ドル以上のXRPの買い

韓国のBithumbなどの取引所において1億ドル以上のXRPの買いが出ました。

 

ここ数日、韓国取引所においての韓国ウォンでの取引が爆発的に増えています。

SBIVCが口座開設の先行予約を受け付け開始

SBIVCが口座開設の先行予約を受け付け開始しました。

 

最初の取り扱い通貨はBTCですが、追ってXRPも追加していくとサポートからの返信が来ています。

10月6日 金曜日

HYSTA年次カンファレンス開催

アメリカにおける最大の界隈コミュニティーであるHYSTA年次カンファレンスが2日間かけて行われました。

 

Ripple社の日本人社員である Emi Yoshikawa さんは、Rippleに関する話と、ブロックチェーン技術による効能を話されたということです。

1週間の相場

この1週間で長らくの間20円付近を移動していたXRPが底上げされ26・27円付近で推移しており、時価総額1兆円を再度回復しました。SBIVCのオープンが間近であることや、来週に控えるSWELLなどへの期待から、XRP買いが起きたと思われます。一時27.5円をタッチしています。

f:id:Rippler:20171008155512j:image

マーケットデータ

XRPの時価総額: 1兆0146億円
XRPの価格: 26.29円
XRPの総取引量: 654.4億円
取引の決済時間: 3.13秒
ネットワークの取引手数料: 0.026680円
秒間取引件数: 14.18/1000+TPS

Ripple Accounts

1週間で増加したRipple Accountの数は約6000になりました。1日平均約850アカウント増えていることになります。最終的な総数は50万4500ほどで、大台の50万を突破しました。

f:id:Rippler:20171008155526j:image

 

まとめ

来週にSWELLも控えており、それが現れたのかXRPの値段も上昇傾向にありますね。取り扱い取引所が増えていることに関しては、注目度が上がっていると言えますし、流動性向上にも貢献します。SBIVCの先行予約が開始したということで期待が高まりますね。SBIVC社長によりますと、XRPは「当然のように扱う」とのことでした。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す