XRPはブリッジ通貨だから価格は上がらないのか?

こんにちは

先日ある放送がありましたが、それによって誤解がかなりの規模で発生したようなので、それを解くための記事になります。

価格が上がるか上がらないかという肝心な部分ですからね!

ブリッジ通貨は上がらないと言われている理由

ブリッジ通貨は価格が上がらない、その根拠はおそらく「買われても売られるから上がらない」だと思います。

これはXRPが使われていることを前提として考えているため、XRPが使われるのか使われないのかについては、このページなどを参照してください。

最初に結論

最初から結論を言うと、ブリッジ通貨であるXRPの価格は使われ始め、「買われて売られる」ようになっても価格は上がります。

XRPがある程度広まった時のことを考えてみましょう

まだ使われている範囲は小さいですが、着々とその取引量と流動性は増していきます。

この時点で長期的に保有されるXRPも出てくるので、全てが「買われて売られる」わけではないですね。投資的・資産退避的な意味で貯蓄されるXRPも出てきます。

しかし、反対に投機的な意味で売られるXRPも出てくるので相殺になります。

何より、これはブリッジ通貨として使われた結果ではありませんね。

結局なぜ価格が上がるのか?

XRPが実際にブリッジ通貨として使われ始めた時のことを考えてみましょう。

重要なのは、「売り」という行為は前提として、「買い」という行為がなければ成り立たないと言うことです。

つまり売りより買いの勢いの方が大きいと言うことです。なぜなら、買い以上の売りを実現することはできないからです。

買いが多いと言うことはつまり価格が上がる、というのは理解していただけると思います。

数百兆ドルという市場規模まで行くまでに、出来高が上がって行くXRPは、当然それに比例して売りよりも買いの方が強まっていきます。

実需で買われていますから、それ以上に現在のように投機的な意味での売りが一度に出ることがないのです。

勿論広まっていく途中の頃(例えば現在)には、投機に使用され価格を下げることもあるでしょうが、それは上記に書いた通り長期的に保有され貯蓄されるXRP分が相殺しますし、投機で使われるとしてもそこには「買い」が前提として入っていますから、一時的に今まで買われた分が極端に売られることによってしか起こり得ません。

つまり実需が高まるほど「買い」の方が「売り」より多くなってきますから、価格を上げて行くということなんですね。

流動性が大きいほど価格が上がることの例

現在のレートが1XRP=10円でSupplyが11XRPであるとします。

110円の11XRPの買いと100円の10XRPの売りがつもっていき

1100円の買いと1000円の売りが行われれば

90円分の埋め合わせは各XRPが担うことができます。90÷11=8.2 1XRP=18.2円になれば、うまい具合に価値を移動できますよね。

実際にうまいこと当てはまることはないでしょうが、割合が変わらなくても、買いが売りを上回る量が多いほど価値が上がるのはわかったと思います。

まとめ

買われて売られても価格が上がる理由は、単純に「買い」の方が「売り」より大きくなるからです。

そういう意味で流動性が高くなればなるほど、買いと売りの割合が変わらないと仮定した場合(実需により買われているため、割合が変わったとしても買いは売りより大きくなる)、単純に買いが売りを上回る量が大きくなっていくので、実需で買われるブリッジ通貨の価値は、世の中が必要とする限り上がっていくということです。

そもそも流動性が高まってくれば、その分だけその通貨を流れる価値というのは大きくなってきます。ですから自然に価値の受け皿である1単位通貨あたりの価値も上がっていく必要が出てくるのですね。

単純に考えて数百兆ドルの取引を現在の800億ドル程度の時価総額でまかなえるわけないですよね。理論上は1XRPが数秒間の間に何回も利用されれば可能ですが、現実的ではないです。

そしてもし数秒間の間に再利用されるようなことがあっても上記の理由で価格は上がりえます。

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 Binance(バイナンス)

Binanceは、現在取引量世界一位の日本語対応海外取引所です。 取引量が多いのでたくさんの取引をするのに便利です。リップルの他にも沢山のアルトコインを購入できるのでオススメです!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す