【DMM Bitcoin】DMM Bitcoinの特徴と登録方法を解説 リップルにレバレッジをかけて取引しよう!

今回は、ビットコインはもちろん、リップルやNEM、イーサリアムなどのアルトコインにレバレッジをかけて取引できるスマホアプリ対応の取引所DMM Bitcoinの特徴と登録方法 (口座開設方法) をご紹介したいと思います!

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoinとは、2017年12月1日に金融庁から正式に認可された仮想通貨交換業者です(※オープンは1月11日)。DMM FXなどでお馴染みのDMM.comグループの取引所ですね。DMMのイメージに合っているローラをCMに起用したことで話題になっていました。

現在DMM Bitcoinリリース記念キャンペーン中で、取引所に登録して口座を開設するだけで1000円貰えるようです。最初は貰った分の1000円だけで試しに取引してみるのもいいのではないでしょうか!(キャンペーン期間: 2018年1月11日 〜 2018年6月30日)

※キャンペーン対象になるには、本人確認書類を提出し、送られてくる郵送物記載の認証コードを登録から30日以内にサイトで入力し終える必要があります。

DMM Bitcoinの特徴

ビットコインFXとアルトコインのレバレッジをかけた取引ができる

DMM Bitcoinの大きな特徴と言ったらビットコインFXもそうですが、やはりリップルやイーサリアムなどのアルトコインにもレバレッジをかけて取引できることですね。日本国内でアルトコインにレバレッジをかけて取引できるのは2018年3月現在DMM Bitcoinのみです。

アルトコインFXはかなり有効に活用することができ、例えば下げ相場の時でも空売りをして損する相場で逆に儲けることができたりします。

反対にレバレッジをかけてアルトコインを底値でたくさん仕込んでおけば、普通に現物を保有していた時よりも何倍もの利益率になります。

因みにレバレッジの倍率は全通貨5倍です。アルトコインはかなりボラリティーが高いので、5倍でも充分だと思います。現に最近の例ではリップルは底値から数週間で13倍以上に上がりましたからね。

ポイント

ビットコインFX、アルトコインのレバレッジ取引では、通貨の現物を保有する必要がなくDMM Bitcoinから現物を借りている状態で売り買いのやり取りをします。そのため、現物を保有していない状態でも空「売り」することが可能になっています。

取り扱い銘柄

DMM Bitcoinでは、基本的にレバレッジをかけた取引となり、ビットコイン(BTC)はもちろん、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)、イーサクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など7通貨を取り扱っています。

ビットコインとイーサリアムに関しては、現物の取引もすることができます。

日本円建とビットコイン建を選択できる

DMM Bitcoinでは、日本円建とビットコイン建を選択することができるようになっており、使い分けることで効率良く利益を得ることも可能です。

例えば、ビットコインもアルトコインも上がっている相場全体が上がっているような時は日本円建で仕込めば利益が出ますし、ビットコインが下がっていてアルトコインのみ上がっている時はビットコイン建で仕込めばさらに効率良く利益を出すことが可能です。

ポイント

上げ相場の時と下げ相場の時で日本円建とビットコイン建を使い分けることで、4パターンもの取引方法を行うことができます。

リスクヘッジに利用できる

先程言った内容と被りますが、下げ相場の時現物のアルトコインを持っていた場合、現物のアルトコインを抱えたままDMM Bitcoinでアルトコインにレバレッジをかけて空売りしておけば、現物を保有している分で損をしますが、DMM Bitcoinでリスクヘッジのために取引した空売りによって損失をカバーすることができるようになります。

充実のサポート体制

DMM Bitcoinでは、休日も含む24時間365日お問い合わせフォーム及びLINEからお問い合わせすることが可能です。

追証(借金)がない

DMM Bitcoinでは追証がありません。追証はかなり危ないもので、相場が急激に動いた際かけた金額以上の損失を請求される可能性があります。

TwitterなどのSNSでよく数千万単位の損失画像が出回ることがありますが、主にこれが原因となっています。市場取引タイプの取引所ではサーバーが重くなることが多々あり、これによってロスカットが遅れ追証による損失が膨らんでいくことが多いです。

DMM Bitcoinはサーバーも軽いですしそもそも追証の危険性もないので安心して取引することが可能です。

使いやすいシステムとアプリ

DMM Bitcoinは、とにかく初心者にも上級者にも使いやすいようにシステムや取引ソフトを設計していて、DMM FXでの経験を生かしたPCとスマートフォン向けの専用の取引システムとスマートフォンアプリ【iPhone/Android対応】を無料で公開しています。

この取引システムとアプリ、UIとチャートがとにかく優秀でクオリティーが高いです。

スマートフォン版でもPC版と同様の機能を利用することができるので、ビットコインFXのみではなく、アルトコインのレバレッジ取引も行うことができます。

スマートフォン版

このようにとても洗練されたUIになっていて、感覚的に取引できると思います。注文方法もストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFO注文などたくさん用意されています。もちろん簡単に即注文できる注文方法も用意されています。

また、チャートにおいてもDMM FXでの経験が生かされておりとても見やすく仕上がっています。国内取引所の中では断トツで見やすいのではないでしょうか。チャート画面から直接取引できるスピード注文という機能も備わっています。

マーケット項目からは、世界の様々な経済指標がリアルタイムで配信され世界の経済情勢を把握することが可能です。

PC版

PC版ではさらに感覚的に操作できるようになっており、このように表示するチャートの通貨ペアや、大きさ、形、画面の解像度など、自分の環境に合わせて自由にレイアウトすることができます。このお好みでレイアウトした画面は次ログインした時も利用できるように保存することが可能です。

設定前

設定後

DMM Bitcoinの口座開設方法

まずはDMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしましょう。

まずはメール登録!」からメールアドレスを登録します。登録したメールアドレスの受信BOXにDMM Bitcoinからのメールが届いていると思うので、中に書かれているURLから仮登録に移ります。

パスワードを設定すれば仮登録完了です。

仮登録したら、公式サイト上部の案内から本登録に移ります。本登録を行わないと取引は始められません。

本登録では、基本情報の入力と本人確認書類の提出をします。

基本情報と本人確認書類を提出すれば本登録申請完了です!あとは後日届く郵送物に書かれている認証コードを公式サイトから入力し、本登録完了です。

※ここまで行わないと1000円プレゼントキャンペーンの対象にならないのでご注意ください!

DMM Bitcoinまとめ

というわけでご紹介してきたDMM Bitcoinですが、私的には待望の取引所という感じだったので、リリース後すぐに登録させていただきました。

やはりビットコインもそうですが、リップルやイーサリアム、NEMなどのアルトコインにレバレッジをかけられるという点はかなり強いです。

先ほども解説した通りDMM Bitcoinを利用することによって利益を出したいのかリスクヘッジをしたいのかで、日本円建かビットコイン建か、買いか売りかを選択できるのは大変使い勝手が良く、かなり相場に合わせて機転が利くようになると思います。

私もレバレッジをかけて推し通貨のリップルを仕込んでいきたいと思っています。

現在1000円無料でもらえるキャンペーン中なので、お試しで取引を始めても良いのではないでしょうか。

ビットコインFXにオススメの取引所ランキング

2018年最新版!ビットコインFXにオススメの取引所を色々な視点からランキング形式で紹介!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す