【BitMEX】BTCFX100倍レバレッジが可能なBitMEXの取引方法

こんにちは!くりぱかです!

今回は100倍レバレッジができる取引所BitMEXの取引方法を解説します。

日本語に対応されましたが、わかりづらい点もあると思いますので!

BitMEXの特徴・登録方法・入出金方法などはこちらからどうぞ!

取引方法について解説しますす。

手数料

はじめに取引する際かかる手数料についてです。

手数料は、指値取引の場合-0.025%、成行取引の場合0.075%です。

成行の場合確実に取引を実行できる反面手数料がかかります。

指値の場合取引が完全に行われず、置いていかれる可能性がありますがマイナス手数料です。

指値の場合マイナス手数料が魅力ですが、結構置いていかれることが多くて、帰って機会損失で損をしたなんてことも多いです。難しいところですね。

ここから登録することで取引手数料が10%引かれます。

実際にやってみるとわかりますが、10%の手数料は結構重要になっていきますよ!

登録に個人情報などは必要なく、Eメールのみで登録可能となっています。

指値(リミット)

まず、1番下のスライダーでレバレッジの倍数を選択します。「クロス」は、全残高を証拠金にして取引することができ、持ったポジションの額に合わせて倍率が設定されます。最高倍率は100倍です。

通常の1〜100倍では、取引する量に単純にレバレッジをかけられます。

数量の部分で取引したい額を入力します。これはXBT(BTC)換算ではなく、USD単位で入力します。

指値の部分に取引したい価格を入力します。0.5ドル単位で取引が可能です。

設定できたら、買い/ロングか、売り/ショートの、どちらか取引したい方を選択すれば完了です。

誰かに成り行き注文で取引してもらえれば約定し、右下に通知が来ます。

成行

基本のレバレッジの倍率設定はリミット売買と変わりません。数量部分に、取引したい量をUSD単位で入力します。

成り行き買いか、成り行き売り、どちらか取引したい方を選択して取引が執行されます。

指値注文だと取引が行われない可能性もあるので、確実性を求める場合成行注文を利用します。

板に並んでいる取引を勝手に約定します。同じく右下に通知が来ます。

ストップ指値・成行

指値

この取引は主に損切り時に利用します。ある一定の価格まで自分が持っていたポジションと逆に動いたら、設定していた額で損切り注文を自動的に出してくれるというものですね。

数量部分に損切りしたい量をUSD単位で入力します。

指値部分に損切りしたいポイントの価格を入力します。

ストップ価格に、指値注文が出される価格を設定します。

ストップ価格に入力した価格になった時、指値と数量部分に入力した指値が注文に出されます。あとの挙動は指値取引と同様です。

成行

2つ上の画像にかかれている「ここ」という部分を選択することで、ほかの取引方法を利用できるようになります。

損をこれ以上広げないようにする場合、不安定な指値よりこちらの成行の方が安全です。

数量部分に損切りしたい取引の量をUSD単位で入力し、ストップ価格部分に損切りしたいポイントの価格を入力します。

ストップ価格に入力した価格になった時、数量に入力した金額分成行注文が行われます。

トレイリングストップ

この取引は、損切りライン/利確ラインを設定した値が、自分のポジションが有利になるごとに切り上がっていくものです。

基本的にトレイル値はマイナスをつけて設定します。

例えば7800ドルでロングポジションを持っていた場合、トレイル値に-100ドルと設定すれば、7700ドルになった時に成行売り注文が出され、損切りが執行されます。

逆に8000ドルまでタッチした場合、その執行されるポイントも切り上がっていき、8000ドルから100ドル引いた7900ドルで成行売り注文が出され、利確が執行されます。

つまり、ポジションを持っている間に記録した最高値または最低値より設定した額分利確ラインまたは損切りラインを切り上げてくれます。

利食い指値・成行

指値

利食い注文とは主に利確する際に利用するものです。

数量で取引したい量をUSD単位で入力し、指値に利確したいポイントの価格を入力。トリガ価格はこの指値が注文に出されるポイントの価格を指定します。

価格がトリガ価格になった時、指値と数量に入力した取引が注文に出されます。あとの挙動は指値注文をした時と同様です。

成行

上記の利食い指値の成行版です。

利確ポイントをはじめから決めている際に出す注文で、自分の出したい注文を悟られたくないときに利用します。

また、指値の場合自分の注文が反発した際置いて行かれる可能性があるので、確実性を求める場合はこちらを利用します。

以上でBitMEXの取引方法の解説は終わりです!次の記事ではそのほか細かい設定等々について解説します。

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す