【BitMEX】BitMEXで勝てない?設定を見直そう!使いやすい設定方法と損益計算方法の紹介

こんにちは!

今回はBitMEXで取引をする上で必須とも言える設定や、損益計算方法をご紹介します。

登録・入出金方法等々につきましてはこちらからどうぞ!メールのみで本登録までできますよ。

言語設定

右上の国旗マークから日本の国旗を選択することで日本語に言語を設定することができます!

初期設定ではこうなっていると思います。

赤矢印の歯車マークをタップしましょう!

下のような表示が出ると思います。ここでは表示するドル単位を設定したり、板の表示方式をシングルやデュアルに変えることができます。

私は普段デュアルに設定しています。

見やすいのでとてもオススメですね^ – ^

取引最中の板の様子はここをいつも変えてチェックしています。

取引の見積もり

実は損益計算をしてくれる機能があったりします!

エントリーポイントや損切り地点、利確地点等々を入力すると、どれくらいの損益が出るのか計算してくれます。

矢印の部分をタップしましょう!下のように出て来ます。

利益/損失

数量でドル単位での数量入力、参入価格にエントリーする際の価格、出口価格に損切り計算をしたい場合は損切りポイントを、利確計算をしたい場合は、利確ポイントを入力します。レバレッジ部分にはかけたいレバレッジを入力します。

そうするとBTC換算でそのような取引を行った時の損益を計算することができるわけですね!

左にその結果が出ます。

証拠金は、何BTCその取引に必要なのか、参入価額は参入する際のポジションの値段、出口価額も同様にポジションをクローズする際のポジションの値段、利益/損失は、そのポジションをクローズした際の損益、利益/損失 %は、参入価格と出口価格の差のパーセンテージ、ROE %は、ポジションをクローズした際、原資に対してどれだけ利益を得られるのかを表しています。

目標価格

先ほどのようにレバレッジ部分にレバレッジを入力、参入価格にエントリーする予定の価格、ROE %に得たいと思っている利益率を入力します。

すると先ほど同様に左に結果が出ます。

参入価格は、入力したそのままの額、目標価格は、その利益率を得る際どれほどまでポジションを継続すれば良いのか、利益/損失 %は、BTC価格本体がどれだけ変動すれば良いのか、ROE %は、入力したそのままの額が表示されます。

清算価格

数量は適当な量で大丈夫です。参入価格とレバレッジを入力します。

重要なのは決算価格で、その参入価格とレバレッジなら、どれほどまで耐えられるのかが決算価格でわかります。

現在の相場状況

ここで1番重要な見るべきものは「マーク価格」です。

ロスカットラインにタッチしたのになかなかロスカットされなかった、なんて経験はありませんか?

ロスカットは下の画像のこのマーク価格の変動で決定されるので、すぐには反映されません。マーク価格は相場よりも少し遅れて変わります。

直近価格はそのまま直近の価格を表示し、ビット価格/アスク価格は、売りと買いの現在の価格を表しています。

オープンバリューは、現在板にある取引の総量を表します。

まとめ

以上使いやすい設定と損益計算等々の仕方でした!取引する前からあらかじめ損益を計算できたりすることで、より機械的に取引できるので、無駄な損を減らし、利益を得ることができるようになると思います!

リップルにレバレッジをかけた取引ができるオススメの取引所

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、有名なDMMグループの取引所です。ローラを起用したCMが話題を呼んでいますね!

国内で始めてアルトコインにレバレッジをかけられる取引所です。BTC建、JPY建を選択して取引することができ、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCHなどにレバレッジをかけることができます。

まだあまり登録者はいませんが、だからこそ初期のGMOコインのように私はかなりの穴場だと思っています。取引所との取引なので、板状況に左右されずに仕込むことができます。

第2位 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは、日本語対応の仮想通貨FX専門海外取引所です。ビットコインに最大100倍のレバレッジがかけられることで有名です。

リップルなどのアルトコインにもレバレッジがかけられるのが特徴で、ビットコインやエイダ、イーサリアム、ライトコイン、リップル等々合計11つの仮想通貨にレバレッジをかけることが可能です。

海外取引所の中で私が最も推してる取引所です!

リップル・XRPを購入できるオススメの国内外取引所

第1位 Bitbank(ビットバンク)

取引所ビットバンクは、リップルや、モナコインなどの有名な仮想通貨を多数取り扱っている国内取引所です。

現在手数料無料キャンペーン中で、直接板から購入できる仕組みなのでほかの取引所より多く買うことができますよ!

また、ほとんどの顧客資産をコールドウォレットにて保管していて、セキュリティーが極めて高いです。

第2位 GMOコイン

GMOコインはインターネット事業で有名なGMOグループの取引所です。ビットコインFXで有名ですが、リップルも簡単操作で現物を購入できるのでとても便利です!

現在登録するだけで20000satoshiを無料でもらえます!

第3位 BitPoint(ビットポイント)

BitPointは、XRPを始めとしてBTC、ETH、BCH、LTCなど5つのアルトコインを扱っています。

ビットコインFXにも特化しており、25倍のレバレッジをかけてBTC/JPYや、BTC/USDなど様々な外貨ペッグでの取引することができます。取引のしやすさについては、MT4という為替FXでよく用いられているPCソフト、スマホアプリに対応しています。

リップル・XRPの管理ができるオススメのWallet(ウォレット)

Ledger nano S

コインチェックのように、取引所は常にハッキングのリスクを伴います。仮想通貨を保存するなら自分で管理できる安心安全のハードウェアウォレットを利用しましょう。

ハッキング被害にあったコインチェックは、資産を守るのに大切な秘密鍵をネットに接続できる場所に置いていたので盗まれてしまいました。

このLedger nano Sは、秘密鍵を暗号化してネットから切り離されたオフライン状態で保管できるので安全度は最高ランクです。

メルカリ(現在は出品禁止)やAmazonなどで売っている同製品は、秘密鍵にかかわってくる大事なパスフレーズを一度開封されて取られている可能性があるため、Ledger nano Sの日本の正規販売代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんからの購入を強くお勧めします。

コメントを残す